死刑制度


「恐怖心による支配の究極が、死刑制度です。人間に優しくない社会は、被害者に対しても優しくはありません。むしろ、被害者への共感を犯人への憎しみの一点とし、死刑制度の存続だけで、被害者支援は事足れりとしてきたことを、私たちは反省すべきです」(平野啓一郎『死刑について』岩波書店、

コメント

    タイトルとURLをコピーしました