善児


江馬次郎殿。八重殿の再婚相手ですが、八重姫より身分も低く大河では冷たく扱われておられます。富士川の戦いでは平家側だったので打たれてしまいます。大河では善児に討たれました。お子は義時殿が引き取り、後年は義時殿を烏帽子親として、江馬小次郎と名乗ったと言われています。

コメント

    タイトルとURLをコピーしました